定期健診の必要性 | 綺麗な歯を保ち快適な生活を過ごしましょう

綺麗な歯を保ち快適な生活を過ごしましょう

定期健診の必要性

検診を受ける

インプラント治療を行なった後の定期健診やメンテナンスは大事な事です。
通常の歯の状態と違いインプラントと骨の間には雑菌や汚れから歯を守る歯根膜と言われる膜がありません。
その為自分の感覚で歯の状況を管理していくと知らない間に細菌が繁殖して元の歯やインプラントを行なったところがダメになる可能性が出てきます。
口の中の状況は自分では見えない所も存在するので十分に管理することができません。
せっかくの治療も無駄に終わることになります。
インプラントを装置することで自然に生活をすることが出来ます。
しかし、自分の歯ではないので噛み合わせの悪さに気づくことが困難になってきます。
噛み合わせが悪くなると顔の骨格にも歪みを生じてしまう恐れがあるのでそうならないためにも定期的に検診を行なうことが重要な事です。

保証期間

自己判断では、歯茎の状態やインプラントの汚れを把握することは難しいです。
そのまま放置することで綺麗な白いインプランも変色してしまいます。
定期健診を行なうことでクリーニングをしてもらい白い歯を持続させてくれます。
検診にかかる時間は30分程度です。
短時間のメンテナンスでインプラントの高さや揺れ、歯茎の状態などを見てくれるので時間に余裕がない方でも検診はしやすくなっています。
メンテナンス費用は1年間無料で行っているクリニックが多いので費用のことを気にせず検診することが出来ます。
歯ぎしりをする方や歯にかかる力の違いでインプラントの耐用年数に差が出てきます。
保証期間を設けている所もあるので、早めにインプラントがダメになっても安心してメンテナンスを受けることが出来ます。
しかし、術後のメンテナンスを行っていない方には補償することが出来ないので気を付けて下さい。